カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
最新情報
最近のトラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
プロフィール
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
RSS

湯浅町 すはら海岸シーカヤックのご案内


 そろそろ気温も温かくなり、水が恋しくなってきましたね。少し、早いお知らせですが、湯浅町の栖原海岸で開催されているシーカヤックのご案内です。 
 美しい海岸線と変わった形の岩や洞窟もあり、シーカヤックにはピッタリの栖原海岸です。シーカヤックの初めての方も、参加できる1日コースのツーリングコースがあります。
9:45にシーサイドハウスに集合し、最初の1時間ほどは、艇の調整や漕ぎ方の練習をします。
11:00には、無人島の苅藻島(かるも島)に向かってツアーを開始します。私は知らなかったのですが、苅藻島(かるも島)は鎌倉時代に明恵上人という高僧が修行をされた島です。島には、上人の石像があります。途中、洞窟を通りぬけたりしながら、12:00過ぎに島に上陸。島で、昼食タイムです。また、水温の高い時期には、シュノーケリングも楽しめます。



13:45お昼のツーリング出発。苅藻島(かるも島)周辺の島巡りをします。
15:00シーサイドハウスに到着。
以上のような、一日コースです。

参加をご希望の方は、リバーアドベンチャークラブにお問合せ下さい。
TEL 072-840-5644
E-mail info@mizuasobi.com
HP http://www.mizuasobi.com




| 和歌山の情報 | 02:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
和歌山「演劇大学」公演 「真夏の夜の夢」のお知らせ


和歌山の「演劇大学」の皆さんによる公演会が、3月23日(土)、和歌山市民会館小ホールで行われます。演目はシェイクスピアの名作「真夏の夜の夢」。

「演劇大学」とは、文化庁の支援を受け、地域のアマチュア劇団や学生、社会人を対象に行われている演劇ワークショップです。プロの劇団より演出家などを講師として招き、ボイストレーニングや演劇の基礎など、本格的な指導を受けることができます。

年齢や職業の異なる生徒の皆さんが、稽古を重ねながら、一つの舞台を創り上げていきます。今回の公演も公募で選ばれた33人のメンバーさんたちの、これまでの練習成果を披露する発表会でもあります。



今回の演目はこれまでの現代劇とは少し異なり、名作古典に挑戦ということで、いろいろな苦労があったそうです。今は目前に迫った公演日に向けて、連日熱のこもった稽古が繰り広げられているそうです。

「真夏の夜の夢」は、アテネの町から少し離れた森の中、駆け落ちしてきた恋人たちと、それを追うもう一組の男女。同じ夜、町の職人たちは、侯爵様の結婚式で披露する芝居の稽古をするために、森の中にやって来る。一方その頃森の中では、妖精王と女王がけんかの真っ最中。小妖精のバックがはやとちりから、初めて目にした人を好きになるという”恋薬”を違う人に使ってしまい、、、。恋する男女と、妖精と職人たちが、大騒動の一夜を巻き起こす!ご存知シェイクスピアの幻想に満ちたロマンチックコメディです。

演劇がお好きな方、演劇にご興味のある方は、ぜひぜひ舞台をご覧になって、楽しいひと時をお過ごしください!

●演劇大学公演  「真夏の夜の夢」

 ・開催日    平成25年3月23日(土)

 ・開催場所   和歌山市民会館小ホール  和歌山市伝法橋南ノ丁7番地

                      電話 073−432−1212

 ・開催時間   昼の部 14:00開演  夜の部 18:30開演

         ※開場は開演の30分前

 ・料金     一般 1,000円  小中高生 500円 ※当日各200円増

 ・内容     原作    ウィリアム・シェイクスピア

         構成・演出 加納 朋之(文学座)

         制作    佐藤 尚子(青年劇場)

         出演    演劇大学受講生

 ・主催者    和歌山市・和歌山市教育委員会

 ・お問合せ   和歌山市民会館内和歌山市芸術創造発信フェスティバル実行委員会

         電話 073−432−1212

| 和歌山の情報 | 05:44 PM | comments (x) | trackback (x) |
花粉症に効き目あり! 和歌山県北山村の不思議な果実「じゃばら」
日差しがグンと明るくなり、”嬉しい春”が近くに感じられるようになってきました。

”嬉しい春”、、確かに心待ちにしていたはずなのに、、”嬉しい春”が”嬉しくない春”に変わったのは、、そう、花粉症になってから、、。トホホ、、。

全国的に花粉の飛散量が少なかった昨年に比べ、今春は3〜7倍になると予測されているそうで、さらに中国からの大気汚染の問題もあり、花粉症に悩む人にとっては、深刻な季節の到来です。



さて花粉症の季節になると注目される不思議な果実が、和歌山県北山村の「じゃばら」です。
その理由は、岐阜大学医学部教授らの臨床検査の結果、じゃばら果汁飲用で花粉症が改善されたという結果が出て、「じゃばら」はアレルギー抑制効果があると、学会に認められた天然食品だからなのです。



「じゃばら」とは、北山村だけに自生していたユズやカボスのような香酸柑橘で、「邪気を払う」ところから名付けられた縁起の良い果実です。

「じゃばら」には、花粉症に効果があるといわれる物質「ナリルチン」が多く含まれていて、他にも疲労回復に役立つ「ビタミン」や「カロチン」が含まれているそうです。

「ナリルチン!」初めて聞きました。なんだか、すごーく効き目がありそう!

北山村では、果実としての「じゃばら」はもちろん、ジュースや飴、ジャムなど加工品もたくさん作っています。今年は「じゃばらサプリメント」も発売するそうです。

北山村の「じゃばら」、早速試してみようと思います。花粉症に負けないで、春を楽しむぞ!オー!

ちなみにホテル日航大阪では、今年からホテルのバーラウンジで、和歌山県北山村特産柑橘「じゃばら」のオリジナルドリンク「じゃばらカクテル」の販売を始めたそうです。
「じゃばらカクテル」、おいしそう!誰か連れて行ってくれないかしら、、。

| 和歌山の情報 | 05:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
”春”です! まもなく アマゴ漁解禁!渓流シーズン到来! 


紀南の河川で3月1日より”アマゴ”漁が解禁されます。いよいよ渓流シーズンの到来です!

釣り人にとって、解禁日はお祭りのようなもの。毎年この日を楽しみにしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃることと思います。

清流で知られる紀南の河川では、餌に喰いつくアマゴの姿がはっきりと見えることがあり、その一瞬の興奮は格別なものと聞きました。




ちなみにアマゴは、サケ科の淡水魚で、体に小判型の”パーマーク”と呼ばれる楕円形の黒斑が並び、上下に鮮やかな朱赤点が散在し、その美しさから「渓流の女王」といわれているそう。
この美しい魚のファンは多く、毎年”解禁”の知らせを心待ちにしている人が大勢いるそうですね。

アマゴはまた、味の方も格別で、あっさりと柔らかく、塩焼き、お造り、天ぷら、甘露煮、一夜干しなど、アマゴ料理のバラエティは豊富で、どれも絶品!
獲れたてのアマゴの塩焼きの美味しさといったら、、言葉では言い尽くせません!

ところで渓流釣りの楽しみに、美しい渓流の風景や、澄んだ空気の心地よさ、岩場を流れる水音なども挙げられますね。すがすがしい気持ちになり、リフレッシュに最高です。

今紀南の方は、梅が満開。フキノトウも出始めました。アマゴ漁の漁期の9月30日まで、季節の自然をたっぷり楽しめます。川のせせらぎを聞きながら、ご家族でのんびりと休日を楽しみませんか?ぜひぜひお出かけ下さいませ!

| 和歌山の情報 | 01:30 PM | comments (x) | trackback (x) |
和歌山の豊かな食材を使用  ケーキ&カフェ「アランチャ」さん



和歌山マリーナシティ近くの浜の宮ビーチ沿いにある「ドルチェ カフェ アランチャ」さんへ行ってきました。

1階はケーキショップとアジアンの雑貨屋さん、2階はカフェになっています。

「アランチャ」さんではケーキやカフェの食材に、地元和歌山の農家さんに直接出向いて分けていただく、新鮮で安心できる野菜やフルーツを使っています。

メニューに、紀の川市の○○さんのフレッシュトマトとたまねぎを使ったピザとか、○○さんのオレンジを使ったケーキなどと書かれているのを見て、思わず”おっ!地元和歌山のやん!”と嬉しくなってしまいました。

お店の名前の「アランチャ」は「オレンジ」を意味するイタリア語なのだそう。フルーツ王国和歌山のフルーツを使ったメニューにこだわったので、和歌山を代表するフルーツ「オレンジ」から店名を「アランチャ」に。



名前の通り「アランチャ」さんのケーキには、フルーツを使ったケーキがたくさんあり、色とりどりのフルーツがキュートな宝石のようで、食べるのがもったいないくらい。




「アランチャ」さんのもう一つの魅力は、ロケーションの素晴らしさ。2階の大きな窓から、美しい和歌浦湾が見渡せます。夕刻、空がにじむように夕焼け色に染まって、水平線に夕陽が沈んでいく景色は絵のような美しさです。

また知る人ぞ知る”マリーナシティの花火大会の特等席”でもあります。デートにお勧め!

和歌浦の美しい海を眺めながら、地元和歌山の新鮮で安心な食材をふんだんに使った、ケーキやお料理のお食事はいかがですか?ゆったりと心地よい時を過ごせます。

それからもう一つ嬉しいお知らせ、2階のテラスはペット同伴OKです!

●「ドルチェ カフェ アランチャ」

 ・住所   和歌山市毛見994  TEL 073−444−6171

 ・営業   ケーキショップ 10:00〜21:30
       カフェ     11:00〜22:00

 ・定休日  火曜日(祝日、年末年始)※お盆は営業しています

 ・駐車場  有り  ※お店の前に約3台、お店の後ろにかなり広い駐車場があります。

 ・ペット  2階のテラス席のみOK!

| 和歌山の情報 | 10:06 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑